スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YBR125 Fタイヤ交換!出来ればお店にお願いしましょう

YBR125のフロントタイヤがツルッパゲになってましたので、自力で交換しました。

方法等はyoutube等に詳細にアップされてる方がおられるので、そちらをご覧ください。
さて、そんな今更書かなくて良い事を記事にする訳ですが、コツだけ書いておきます。

タイヤ交換自体は難しくありません、慣れてる方でしたら、30分程度で終わると思います。

なので自力で交換するという方は、タイヤレバー等を準備の上、チャレンジしてみてください。それほど難しくはありません。

問題はチューブレスタイヤです。

今回交換したのは、謎の純正タイヤからダンロップ TT100GPシリーズ 3.00-18 47S TL です。

まさかヨドバシ.コムで買えるとは思いませんでした。

実は純正より少しだけ大きいようです。

そのため、リムにタイヤをはめ込んで、コンプレッサーでエアを入れても隙間から抜けていきます。

通常はくるくる回し、叩きながら隙間を小さくしながら入れていくのですが、あまりにも隙間が大きいため無理です。

一見youtubeに簡単そうにエアを入れる様子がアップされているのですが、家庭用100V電源では無理です。

(これがピッタリのサイズの場合は大丈夫だそうですが・・・ 一度お試しあれ)

そのため、エアーを入れて膨らませる時は、ガソリンスタンドや自動車修理工場の業務用コンプレッサーをお借りしましょう。

隙間から出ていく空気があっても、入れる空気量がハンパじゃないので、すぐ膨らみます。一度膨らんでしまえば、勝手にリムにはまっていき、隙間が無くなるので、大丈夫です。

また、廃タイヤは、ガソリンスタンド等で300円程度で引き取ってもらえます。

ーーーTT100GPの走り心地ーーー
まだ10キロほどしか走ってませんが、以前はフロントブレーキを思いっきりかけると簡単にロックしてしまいましたが、今はロックしません。

試しに、20キロ 40キロ 60キロ ?0キロ それぞれの速度域から クラッチを話した状態でフロントブレーキだけ思いっきり引っ張りましたが、ロックせず、ジャックナイフする事もなくとまりました。

タイヤがロックして滑る場合は、タイヤと地面との摩擦が足りない状態

ロックせず停車する場合は、ブレーキ力に対してタイヤと地面との摩擦が十分足りている状態

ジャックナイフ状態とは、ブレーキ力に対してタイヤと地面との摩擦が十分足りていて、かつ車両の慣性よりブレーキ力が高い状態

理想はこのジャックナイフ状態です。ここにエンジンブレーキやリアブレーキを併用するとさらに制動距離を短くする事が出来ます。

フロントのブレーキパッドは十分残ってますので、ある程度使った時にまた考えます。

ご参考になればと思いますm(__)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
プロフィール

Saifar@JP3GHQ

Author:Saifar@JP3GHQ
とある大学生の気まぐれ日記

ツイッターやってます!アカウントはこちら

アマチュア無線コール(合法局です)
JP3GHQ
全国レピーター制覇を目指してゲートウェイ交信中!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
M03 (3)
相互リンク
・JO3XGRの奇妙なブログ
・ER34 の ドライブレコード
・とあるアニ鉄のブログ
・違法局ですか? いえ合法局JP3BQAです
・RCteam ~Speed Infinity Advance~
・Bトレ三昧 blog
・量産型ですがなにか?
・とんとんのROHAN日記
・ぬるっと♪芋風呂
・best friendとの撮り鉄日記

・大阪産業大学鉄道研究部

・グラフティ騎士団 団長†テレサ†の落書き帳....φ(・ω・` )♪
・雷電のブログ
・大黒プリン

・D-STAR Repeter JP3YIO
D-STARゲートウェイ全国制覇!
2016年1月17日現在

1エリア 28/56
2エリア 10/34
3エリア 18/34
4エリア 5/9
5エリア 4/4
6エリア 9/12
7エリア 9/10
8エリア 5/9
9エリア 4/5
0エリア 5/8
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Copyright 2011 R.O.H.A.N by WeMade Online Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Copyright 2005-2011 R.O.H.A.N by YNK GAMES Inc. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。